戦争中、十和田湖に沈んだ旧陸軍機 80年ぶりに公開(2021年11月26日)

ANNnewsCH

 第2次世界大戦中に十和田湖に沈んだ旧陸軍の飛行機が製造された東京・立川市におよそ80年ぶりに戻り、国内で唯一現存する機体の一般公開が始まりました。

 公開されたのは旧陸軍の一式双発高等練習機です。

 訓練用の飛行機で、1943年に青森県と秋田県の間にある十和田湖に沈みました。

 2012年に引き上げられ、青森県の科学館で展示されていましたが、去年、機体を開発した「立川飛行機」の後身である立川市の会社に譲渡されました。

 現存する一式練習機は国内でこの機体だけで、塩分のない水の中にあったために保存状態が良いということです。

 今月28日まで一般公開されています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi