南アフリカで新たな変異株 英政府「最も懸念」(2021年11月26日)

ANNnewsCH

 南アフリカで、新たに見つかった新型コロナウイルスの変異株について、イギリス政府は「これまでで最も懸念される」として、航空機乗り入れの一時禁止を発表しました。

 イギリス政府によりますと、南アフリカで見つかった新たな変異株は「B.1.1.529」で、変異の量はデルタ株の2倍あるとみられています。

 この変異株は感染力が強く、免疫反応を回避する特徴があるため、ワクチンの効果が低くなる可能性もあり、これまで見つかった変異株で最も懸念されるということです。

 すでに南アフリカ、香港、ボツワナで合わせて59例が確認されていて、イギリス政府は防疫措置として南アフリカを含む周辺6カ国からイギリスへの航空機の乗り入れを26日から、一時的に禁止すると発表しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi