「免許を返せ」バス停2人死亡事故 被害女性の夫が涙(2021年11月26日)

ANNnewsCH

 横浜市で車がバス停に突っ込み、バスを待っていた女性が死亡した事故です。死亡した56歳の女性の夫が取材に応じ、「もう帰ってこない」「免許を返せ」と涙ながらに心情を語りました。

 現場のおよそ100メートル手前で撮影されたワンボックスカー。

 その後、車は歩道に乗り上げてそのままバスを待っていた人たちをなぎ倒し、バス停に突っ込んだとみられています。

 25日、横浜市で4人が死傷した事故。パート従業員の渋谷幸恵さんと医療事務員の大澤弥生(45)が胸を強く打つなどして死亡しました。

 車はバス停の手前、数十メートルの地点で歩道に乗り上げたとみられています。

 26日、警察への調べで、新たに現場付近に急ブレーキを踏んだタイヤの跡が残っていないことが分かりました。

 亡くなった渋谷幸恵さんの夫・貴寛さん(59):「もう、心肺停止で動かない状態なんだけど、とりあえず(病院に)行って下さいって言われたんで、タクシーで行きました」

 その時の状況を話すのは、亡くなった渋谷幸恵さんの夫・貴寛さんです。ANNの取材に応じました。

 亡くなった渋谷幸恵さんの夫・貴寛さん:「朝ね一緒に出掛けるのに一緒に下まで降りて、俺がごみを捨てて、女房を送り出しました。『(外は)風がないからな、きょうはいいな』って言って送りだしましたよ」

 最後に話をしたのは午後0時半ごろで、電話で幸恵さんが貴寛さんに「電気代払ったよ」と伝えたということです。

 その後、仕事が終わる午後2時ごろに、今度は貴寛さんが電話をしましたが、その時はつながりませんでした。

 亡くなった渋谷幸恵さんの夫・貴寛さん:「(容疑者は)71歳だって。免許返せばって。二度と運転するんじゃないって・・・」

 幸恵さんは事故があったバス停をパートから帰る際に利用していました。

 亡くなった渋谷幸恵さんの夫・貴寛さん:「しょうがねえよな。なっちゃったんだから。帰ってこねえんだよ。帰ってこねえよ」

 警察によると、運転していた佐藤次守容疑者(71)は内装業で、鎌倉市の仕事現場に向かう途中だったということです。

 過失運転致傷の疑いで調べを進めています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi