ナミビアから到着の男児陽性 オミクロン株か分析(2021年12月4日)

2021-12-05ANNnewsCH

厚生労働省は、アフリカ南部ナミビアから11月28日に成田空港に到着した10代未満の男児が新型コロナ陽性だったと発表しました。

同じ日に入国したナミビアの外交官から、「オミクロン株」が検出されています。

厚生労働省によると男児は無症状だといい
「オミクロン株」かの解析が進められています。

新型コロナウイルスへの感染が判明した10歳未満の男児がナミビアから入国したのは11月28日。

同じ日にナミビアから入国したのは・・・

(後藤厚労大臣・11月30日)
「我が国では最初のオミクロン株の確認ということになります。」

今週火曜日、ナミビア人外交官の男性が日本で初めてとなるオミクロン株への感染が判明しました。

(厚労省の会見・11月30日)
「飛行機に乗っていた全員について濃厚接触者として扱い対応していく」

同じ飛行機に乗っていた乗客70人全員が特例で濃厚接触者として認定。ただちに隔離措置が行われていました。

(松野官房長官・12月1日)
「その他の方々については現時点では健康状態に問題があるという報告は無いと聞いております。」

濃厚接触者として認定された乗客たちは2日に1回PCR検査を行うなど、健康管理が続けられています。

感染力が強いとされ、世界で猛威をふるうオミクロン株。

南アフリカ国立感染症研究所によると、新型コロナウイルスの新規感染者が過去4日間で4倍にも急増したと報告されました。

(川崎医科大学・中野貴司教授)
「患者さんの増加速度が早いので感染性が強い可能性はあると思います。市中感染が起こりだすと拡大が早くなる可能性はあると思います。」
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

2021-12-05ANNnewsCH

Posted by chobi