在日米軍関係者 14日間外出制限 自宅外でのマスク着用義務化

FNNプライムオンライン

在日アメリカ軍基地周辺で、新型コロナウイルスの感染が広がっていることを受け、日米両政府は、1月10日から14日間、軍関係者の外出を制限すると発表した。

共同声明によると、在日アメリカ軍関係者の軍施設からの外出は、1月10日から14日間、必要不可欠な活動のみに制限するとしている。

また、全ての軍関係者に自宅以外でのマスク着用を義務化したほか、出国前や入国後に厳格な検査を行うなどと表明した。

岸田首相は、9日朝のフジテレビ「日曜報道 THE PRIME」で、「アメリカ側にも努力してもらい、感染拡大を抑える協力をしていきたい」などと語っていた。

FNNプライムオンライン