20歳の女子大学生が浴室で死亡 顔・手足に“あざ”(2022年1月10日)

ANNnewsCH

 東京・板橋区のマンションの浴室で20歳の女子大学生が死亡しているのが見つかりました。顔などにあざのようなものがあり、警視庁が事件・事故の両面で調べています。

 死亡していたのは板橋区のマンションで1人暮らしをしていた大学生の古山瑠花さんです。

 警視庁によりますと、6日夜以降、連絡が取れなくなり心配になった両親が9日に合鍵で部屋に入り、浴室で倒れている古山さんを発見して110番通報しました。

 古山さんはその場で死亡が確認されました。

 部屋には荒らされたような形跡はありませんでしたが、顔や手足にあざのようなものがあったということです。

 警視庁が事件や事故の可能性を含め慎重に調べています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi