成人式、コロナ禍で一部縮小も・・・ 春から“成人18歳”式開催に高校3年生のホンネは(2022年1月10日)

ANNnewsCH

 10日は「成人の日」です。各地で成人式が行われました。一方で、今年の春からの成人年齢引き下げで、式の開催時期などを巡って「本音」が寄せられています。

 全国最多、約3万6000人が新成人を迎える横浜市。

 感染防止対策としてマスクの常時着用や検温・消毒のほか、ワクチン未接種の出席者へ抗原検査キットを事前に無料配布したり、式典を一日4回に分けたりするなどしました。

 また、千葉県浦安市が主催する成人式。

 なかには、キャラクターの姿をあしらった振り袖に身を包んだ人も・・・。

 新成人:「コロナ禍で開催できるか不安だったけど、無事にできてうれしいです」

 一方、「まん延防止等重点措置」が出ている広島県呉市の様子です。

 市内の一部地域では、規模を縮小して成人式を開催。

 新成人:「他の(地域)人が中止になったと聞いて自分も心配だったけど、新型コロナも怖いけれど、皆と会えて頑張ろうと思えたので良かった」

 過去に例を見ないほど、静かな式典になったということです。

 広島県では10日に6つの市と町で成人式が行われる予定でしたが、呉市の2カ所以外は延期となりました。

 総務省によりますと、2022年の新成人の数は120万人と推計され、去年より4万人減少しています。

 伊賀市在住の高校3年生・東勢さん(18):「率直に言うと本当に『何でやろう』っていうのが第一の印象で、(成人式が)18歳に決まったのって、それっておかしいんじゃないの?って」

 三重県伊賀市では今年4月から成人年齢が18歳に引き下げられるのに伴い、来年20歳、19歳、18歳が一度に成人式を開催することを発表しました。

 他の自治体では来年以降、20歳を対象とするところもあり、名称を「20歳の集い」などと変更して行う予定ですが、今後は各地で対応を迫られることになりそうです。

 伊賀市の18歳での実施は全国的にも珍しい試みですが、1年に式典を3回行うため、会場の確保や、また、高校生3年生の受験シーズンと重なることから開催時期の調整も課題です。

 伊賀市在住の高校3年生・東勢さん:「(Q.一番強く思う20歳の時に成人式をやりたい理由は?)私は就職なので、その2年間はすごく大きいと思うし、同じ学校の周りの市に住む子たちは20歳で帰ってくるなか、私は19歳で成人式をするので、高校の子たちにも会えずに伊賀市の子たちだけで、帰ってこられるかも分からない時に、なんで(成人式を)しなければならないのか」「(Q.女性だと1年前、半年前から振り袖を決め始めるが?)周りの子は決めている子はいるが、私はまだ決めるのは難しいと思う」

 伊賀市内の高校生などは、来年以降も成人式を20歳で実施するよう署名を集め提出しましたが・・・。

 伊賀市教育委員会・松尾奈々美さん:「20歳の子は今まで通り1月にやりますし、今度(成人年齢が)18歳に変わるということで、19歳の子はちょうど過渡期というか、成人式をやらない年齢になってしまうので一緒に3年分を来年やって次の年からは18歳対象で毎年やることになる。成人式のことについては各地方公共団体に任されているので、他の自治体と合わせる必要はないと思います。それが正解であれば同じようにすると思う」

 市は、成人式を「社会が成人として扱うことを確認する節目」と位置付け、法改正に合わせて実施を決めたなどと説明しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi