踏切に不時着 列車と衝突 警察官 パイロット救出の瞬間

FNNプライムオンライン

アメリカの警察官が体に装着したカメラの映像。

不時着した小型飛行機から、パイロットの男性を助け出そうとしている。
男性は顔や手足から血を流し、足が挟まっているためか、なかなか救出できない。

事故は9日、アメリカ・ロサンゼルスで起きた。

小型飛行機は、近くの空港から離陸に失敗し不時着。

ところが、その場所が踏切だったため、列車と衝突した。

映像をよく見ると、衝突後、撮影者に向かって飛行機の破片が飛び、ギリギリのところでよけていた。

パイロットの男性や警察官は無事だったのか。

警察官がつけていたカメラは、その瞬間も捉えていた。

数人がかりで男性の体を機体から引っ張り出したのは、衝突の直前のことだった。

まさに間一髪。

現地メディアによると、この事故による死者はいないという。

FNNプライムオンライン