「一重切れ長の目」中国で炎上 ネット広告あえてひどく表現!?

FNNプライムオンライン

右手に箸を持ち、こちらを見つめる黒髪の女性。
一重まぶたで細く切れ長の瞳が印象的。

この広告が“中国人をあえて醜く表現している”と物議を醸している。

その理由は、アジアンビューティーの象徴ともいえるこの“切れ長の瞳”だった。

中国版ツイッターウェイボの書き込みには、女性の瞳に対する批判コメントがあった。

ウェイボの書き込み「気持ち悪い! どこがキレイなの」、「中国を侮辱している? 全ては自分の責任だ」

問題となった広告は、中国で食品のネット通販を手掛ける会社が2年前に制作したもの。

当時は問題にならなかったが、2021年11月ごろから「欧米のアジア人に対するステレオタイプなイメージに迎合している」として、ネット上で炎上した。

このモデルを務めたのは菜嬢嬢さん。

菜さんの普段の写真を見てみると、目元はここまで細くない。

そのため、あえて醜く表現したと批判の的となったとみられる。

広告を出した会社は、「故意に醜く表現したわけではないが、大衆的な美意識にそぐわなかった」として謝罪。

広告をネットから取り下げた。

一方で、モデルの菜さんは、仕事をしただけでネット上で炎上することに納得がいかないと話した。

菜さん「わたしの目はもともとこうなんです。わたしの目は小さいから中国人失格なの?」

一重まぶたの菜さんを支持する声もある。

ウェイボの書き込み「応援します。小さい目が何で美しくないの?」、「あなたはとても美しい」

中国では最近、中国人を描く広告の表現について、インターネット上の意見が過激化する傾向があるという。

今回の広告について、北京の街では「(この問題を)それほど過剰に取り上げる必要はないのでは」、「キレイかどうかは言えません。一般的な顔じゃないですか」などの意見が聞かれた。

細い目をめぐっては、ベンツやグッチも同じような批判を最近受けている。

FNNプライムオンライン