ロックダウン警戒で“白菜奪い合い”も・・・ 五輪目前の中国でオミクロン市中感染(2022年1月10日)

ANNnewsCH

 中国では北京に隣接する天津市でオミクロン株の市中感染が確認されました。オリンピックを控えて首都への流入を防ごうと徹底的な封じ込めが行われています。

 青い空と海。南米アルゼンチンは今が真夏。ビーチに若者らが繰り出していますが、問題も・・・。

 アルゼンチンの新型コロナウイルスの新規感染者は7日に「10万人」を超え、過去最高となっているのです。

 こちらも「密」です。

 新規感染者数が30万人前後と過去最高レベルが続くフランス。

 人々の手には「マクロンこそ、真のウイルス」などという文字が・・・。

 マクロン大統領は先週、「ワクチンの未接種者にうんざりさせる措置を取る」と発言しました。

 その後も・・・。

 マクロン大統領:「他の人が命の危険にさらされる場合は、その人の自由も妨げられる。私の戦略はシンプル。ワクチン・ワクチン・ワクチン」

 一部の市民は、これに反発。

 デモ参加者:「大統領がそんなことを言うなんて極めて深刻なことです」

 オミクロン株の拡大で揺れる国々。中国もひとごとではありません。

 天津の市場では9日、食料品の買い占めが始まりました。

 中国メディアによれば、天津市では8日までに新型コロナの感染者20人が確認され、このうち29歳の女性と10歳の女の子からオミクロン株が検出されました。

 2人は14日間、天津を出ていないことから市中感染とみられ、買い占めは「厳しい措置」を見越したものとみられます。

 オリンピックまで1カ月を切るなか、当局は警戒を強化。

 北京市の隣に位置する天津市。経済的な結び付きも強いとされます。

 北京と天津の境界付近に設置されたチェックポイントでは車がずらっと並んでいます。天津方向から来る車両や人を厳しくチェックしています。

 Uターンさせられる車。ナンバープレートには天津を意味する「津」の文字が・・・。

 天津市では9日朝から1400万人の全市民を対象にPCR検査を始めました。

 北京市でも天津市を訪れた人に対し、PCR検査を受けるよう求めています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi