北朝鮮“弾道ミサイル”発射 韓国「速度はマッハ10」

FNNプライムオンライン

北朝鮮は11日朝、日本海に向けて弾道ミサイルとみられる飛翔体1発を発射した。

仲村健太郎記者がソウルから中継でお伝えする。

北朝鮮による飛翔体の発射は2022年に入り2回目。

年明け早々に発射を繰り返すことは異例で、軍事力の強化を加速させる姿勢をあらためて鮮明にした形。

韓国軍によると、午前7時27分ごろ、北朝鮮の内陸部から日本海に向けて、弾道ミサイルとみられる飛翔体が1発発射された。

韓国メディアは、今回の飛翔体についても、北朝鮮が1月5日に「極超音速ミサイル」の発射実験を行ったとされる慈江道()一帯から発射されていて、追加実験が行われた可能性を指摘している。

飛行速度は前回から大幅に上がり、「マッハ10近くに達した」と伝えている。

国連では11日、5日のミサイル発射を受けて安全保障理事会の緊急会合が開かれていて、会議当日にミサイルを発射することで、アメリカなどに揺さぶりを掛ける狙いがあったとの見方も出ている。

また2022年は、金正恩(キム・ジョンウン)総書記の祖父、金日成(キム・イルソン)主席と父の金正日(キム・ジョンイル)総書記の、生誕110年と80年の節目となり、さらに内外へのアピールを活発化させる可能性もある。

FNNプライムオンライン