北国に冬の嵐 大雪・暴風・高波のおそれ 低気圧2つで強い冬型に

FNNプライムオンライン

北日本と北陸は、金曜日ごろにかけて「冬の嵐」に警戒が必要。

2つの低気圧が急速に発達しながら北海道付近に進み、日本付近は強い冬型の気圧配置になるため、12日は北日本と北陸で雪や風が強まり、海は大しけとなるところがある見込み。

12日にかけて予想される最大瞬間風速は、北海道や東北、北陸で35メートル、波の高さは東北や北陸で8メートル、12日午後6時までの24時間で予想される雪の量は、東北で70cmなどとなっている。

北日本や北陸の「冬の嵐」は14日ごろまで続くおそれがあり、気象庁は猛吹雪や大雪による交通障害、高波に警戒するよう呼びかけている。

(北海道文化放送)
(岩手めんこいテレビ)

FNNプライムオンライン