民泊準備も観光客見通せず 北京五輪準備進む会場周辺

FNNプライムオンライン

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、中国では、北京オリンピック開幕を目前に控え、会場周辺では不安を抱えながら準備が進められている。

北京市中心部から50kmほどの村を取材した。

人口400人余りのこの村では、元々はトウモロコシなどの栽培が主な産業だったが、空き家を改装し20を超える民宿ができた。

村の人たちは英会話も勉強し、海外からの訪問客に備えていた。

しかし2021年秋には、海外からの観戦者を受け入れないことが決まり、国内向けのチケット販売があるのかもまだわかっていない。

村で民泊を始めた張海超さん「新型コロナのせいで北京五輪の時期に観光客が来ないのは残念です」

2021年は、国内客だけで20万人が訪れたというが、今後については見通せない状況が続いている。

FNNプライムオンライン