「新しい選択肢に」世界初“ブタの心臓”ヒトに移植(2022年1月12日)

ANNnewsCH

 アメリカのメリーランド大学は10日、遺伝子操作したブタの心臓をヒトに移植する手術が、世界で初めて成功したと発表しました。

 手術を受けたのは、末期の心臓疾患を持つ57歳の男性です。

 男性は手術前日、「死にたくなければ、この移植を受けるしかなかった。私は生きたかった。危険は承知していたが、それが私の最後の選択だった」と話したということです。

 術後3日が経過しましたが、状態は良好だということです。

 このブタは、拒絶反応を引き起こす遺伝子を除去するなどの操作が行われていました。

 動物の心臓が、ヒトの体内で機能し、免疫の拒否反応を起こさずにいるのは初めてだということです。

 執刀した医師は、「臓器不足問題の解消に一歩近付いた。世界初のこの手術が、未来の患者にとって、新しい選択肢になることを期待している」と話します。

 アメリカの保健資源事業局によりますと、国内のおよそ11万人が臓器移植を待っている状態で、人間の臓器と似ているブタの心臓や腎臓などの移植研究が進んでいるということです。

(「グッド!モーニング」2022年1月12日放送分より)
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi