北日本を中心に猛吹雪 13日は西日本も警戒

FNNプライムオンライン

強い冬型の気圧配置の影響で、北日本を中心に猛吹雪となった。

13日は、雪の範囲が西日本にも広がる見込みで、14日にかけて、「冬の嵐」となりそう。

北海道や東北地方では、急速に発達した低気圧の影響で、猛吹雪となった。

北海道・帯広市では、24時間の降雪量が、1月の観測史上1位となる59cmを記録するなど、一気に積雪量が増えた。

13日、大雪のエリアは、北海道から九州まで広がる見込みで、日本海側を中心に雪や風が強く、14日にかけて、猛吹雪や大しけとなるところがあるもよう。

13日の午後6時までの24時間に予想される降雪量は、東北や北陸で60cm、北海道で50cm、東海や近畿で40cmなどとなっている。

その後、14日にかけても日本海側を中心に、積雪がさらに増えるもよう。

また、13日に予想される最大瞬間風速は、北海道で35メートルとなっている。

この大雪の影響で、空の便は12日、北海道の新千歳空港を発着する200便が欠航となった。

FNNプライムオンライン