「泥棒映画忘れられなかった」 虎の門病院の医師を逮捕 黒ずくめで侵入・窃盗

FNNプライムオンライン

東京の「虎の門病院」に勤務する31歳の医師が、都内の住宅から現金を盗んだ疑いで逮捕された。

これが、3回目の逮捕。

現場の住宅には全身黒ずくめの服装で侵入していて、調べに対し「黒装束で泥棒する映画が忘れられなかった」と供述している。

逮捕されたのは、東京の虎の門病院の分院に勤める、医師の遠山友希容疑者(31)。

2021年4月、多摩市の住宅にドライバーで窓ガラスを割って侵入し、現金5万円余りを盗んだ疑いが持たれている。

遠山容疑者が犯行で使用した服や道具。
複数の黒い手袋に黒いバッグ、そして黒い目出し帽。

遠山容疑者は、夜中に全身黒ずくめの服装で犯行に及んでいた理由を「以前見た、黒装束で泥棒する映画が忘れられなかった。病院勤務のストレスがたまってやった。実際やってみたらうまくいって、高揚感を得られた」と説明している。

黒ずくめの泥棒が登場する映画に触発されて犯行に及び、高揚感を得ていたという。

遠山容疑者は2021年11月、石川県の金沢大学医学部に通っていた2016年当時、金沢市の住宅に窓を壊して侵入し現金およそ25万円を盗んだ疑いで逮捕された。

2021年12月には、別の窃盗事件でも逮捕されている。

同じような手口による被害はほかに40件以上確認されていて、警視庁は関連を調べている。

FNNプライムオンライン