火の勢いが弱まらない理由 アパート炎上 消火に6時間

FNNプライムオンライン

住宅街に燃え上がる真っ赤な炎と黒い煙。

部屋の中は勢いよく炎に包まれていく。

消防による消火活動が行われているが、火の勢いは弱まらない。

12日午後4時半ごろ、群馬・ #桐生市 にある2階建てのアパートから火の手が上がった。

火はおよそ6時間後に消し止められたが、アパートの2階部分が焼けた。

火の勢いが続いた原因について、近所に住む人は、「北風があるので、どんどん燃え移って、2階も道路の方まで延焼した」、「2階の真ん中が燃えていた。風が強くて全然消せないみたい」などと話した。

12日は、北風が強く吹いていて、桐生市では #最大瞬間風速 12.9メートルを観測した。

焼け跡からは、1人の遺体が見つかっている。

#火災

FNNプライムオンライン