“コロナ飲み薬”ファイザーが厚労省に承認申請 (2022年1月14日)

ANNnewsCH

 アメリカの製薬大手「ファイザー」は新型コロナウイルスの飲み薬の製造、販売について厚生労働省に承認申請しました。

 ファイザーが承認申請したのは新型コロナの経口治療薬「パクスロビド」です。

 臨床試験では重症化しやすい人の入院や死亡のリスクをおよそ9割減らすことができたということです。

 ファイザーはこれまでにオミクロン株に対して「有効性が低下する可能性は低い」という見方を示しています。

 パクスロビドは、アメリカのFDA=食品医薬品局が先月、緊急使用許可を出していて、重症化リスクのある12歳以上の患者を対象に、症状が出てから5日以内に服用することになっています。

 岸田総理は、このファイザーの飲み薬について来月にも実用化を目指す方針で、承認されれば200万人分の治療薬が日本に供給されることになっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi