超高齢化で増加の懸念…パーキンソン病の早期発見のポイント 症状と最新治療法を脳神経内科の専門医が解説

FNNプライムオンライン

「名医のいる相談室」
医療の正しい知識を有する名医たちが健康に関するお悩みを解決。今回は脳神経内科の専門医、京都大学大学院医学研究科 脳病態生理学講座 臨床神経学 髙橋良輔教授が、パーキンソン病について解説。 超高齢化の日本で今後増加する懸念がある中、早期発見・早期治療が大事といわれている。初期症状や重要な検査方法、そして、とても進んでいるという最新の治療法について解説する。

▼チャプターリスト(目次)
00:00 パーキンソン病とは?最も中心的な症状は「運動緩慢」 
02:39 初発症状で一番多いのは手足の震え
03:56 原因は異常なタンパク質 早期発見につながる重要な検査
06:18 治療法はとても進んでいる

FNNプライムオンライン