“冬の嵐”で列島記録的大雪 衝突、落雪…電車内で異常も

2022-01-15FNNプライムオンライン

14日朝の群馬・みなかみ町では、体をたたきつける猛吹雪が襲っていた。

一瞬で視界を遮る冬の嵐が、関東北部も直撃している。

みなかみ町藤原では、13日夜から降り続く雪で、14日午後5時に積雪が214cmに達し、景色が一変した。

雪で埋まってしまったバス停。
12日の時点では、丸い表示板が出ていたが、14日は完全に雪に埋もれた。

京都市では、5年ぶりに8cmの積雪が。

強烈寒波の影響で、普段、雪があまり降らない京都の中心部で積雪となっている。

四条大橋から見る鴨川も、一面真っ白に。
橋の上からカメラを向ける人の姿が見られた。

そして、猛吹雪となったのは、北海道・留萌市。

最大瞬間風速26.2メートルと、台風並みの暴風が吹き荒れた。

歩く女性は、目に雪が入ったのか、つらそうな表情。

長引く冬の嵐の影響で、各地で連日、事故が起きている。

北海道・旭川市の交差点。
信号機が青になり、雪道を走り出す車。

次の瞬間、右側からミキサー車が現れ、軽乗用車と激突した。

警察によると、軽乗用車に乗っていた70代の男性が軽傷だという。

また、市内では、屋根の上で雪下ろしをしていた人が、落雪に巻き込まれる事故が起きた。

救助した人「手だけ出ていた状態で、逆さまになってひっくり返って落ちちゃったんですね。手だけ出ていたので、手があるところを必死こいて掘って、何とか救出できたというか、本人も何もなかったので本当に良かったです」

救助された男性は、病院へ搬送されたが、意識はあるという。

こうした中、思わぬ現象も。

長野県内を走行中の電車の中。

乗客が撮影したのは、床にある点検用のふたがパカパカと上がる様子。
雪で押し上げられているように見える。

動画撮影者「雪が上がってくること自体の方がびっくりしてしまって、インパクトがすごすぎた。ちょっと危険を感じたので、少し場所を移動したんですよ」

その後、停車した駅で、ふたを開け雪を砕き対策する様子も。

大雪のピークは過ぎたが、このあとも北日本の日本海側や北陸で、引き続き雪が降る見込みで、交通障害などに注意が必要となる。

#大雪 #ドカ雪 #落雪

FNNプライムオンライン

2022-01-15FNNプライムオンライン

Posted by chobi