東大試験会場で3人刺す 「夜行バスで今朝着いた」共通テスト

FNNプライムオンライン

大学入学共通テストの試験会場となっている東京大学で、高校2年の少年が、受験生ら3人を刃物で刺し、殺人未遂の現行犯で逮捕された。

15日午前8時半ごろ、東京・文京区の東京大学・弥生キャンパスの農正門付近で、愛知・名古屋市在住の高校2年の少年が、受験生ら3人の背中を刃物で刺し、駆けつけた警察官に殺人未遂の現行犯で逮捕された。

刺された3人のうち、72歳の男性は重傷で、男子高校生は入院中、女子高校生は軽傷だという。

近所の人「『僕は来年、東大を受けます』って騒いでいたんですよ」

付近の店の人「(刺した高校生は)無表情で、(警察が)『どこから来た、どこから来た』って。座り込んでいた人に問い詰めていた」

東京大学付近では、事件後も警察車両が止まり、受験生からは不安の声が聞かれた。

受験生「刺された受験生はかわいそう。自分が刺されてしまったらと考えると、何とも言えない気持ちになる」

事件前、東京メトロ南北線の東大前駅では、爆竹のようなものが確認されていて、少年は「犯行前に付近に火をつけた」とも話している。

少年は14日夜、名古屋市内の自宅に帰宅しなかったことから、親が愛知県警に行方不明届を出していて、「夜行バスでけさ着いた」とも話しているという。

FNNプライムオンライン