【解説】東京で新たに206人感染 入院患者増で“病床不安”

FNNプライムオンライン

「暮らしのソレ! から」。

8月13日、東京では新たに206人の新型コロナウイルス感染が確認された。

13日は専門家らによるモニタリング会議が行われ、8月5日までの1週間と12日までの1週間の状況が比較された。

状況の主な変化を見ると、新規陽性者数は8月5日までの1週間が346.3人だったのに対し、12日までの1週間では312.7人と減少した。だが、入院患者数で見ると、8月5日までの1週間が1475人なのに対し、12日までの一週間では1,659人と、200人近く増加していた。

東京都が現在確保している病床数は2,400床のため、すでに7割が埋まっていることになる。

この分析などもふまえて、感染状況については引き続き、最も深刻な「感染が拡大している」という判定がされた。

医療提供体制については、医療機関への負担が強まっているとして、こちらも引き続き、上から2番目に深刻な「体制強化が必要である」としている。

加藤綾子キャスター「二木先生、今回の分析と評価はどう思われますか?」

昭和大学医学部 客員教授・二木芳人氏「いくつかの指標は、むしろ改善を示しているんですが、これは診断される患者さんの数が少し少ないですね。検査の実施の減少。お休みで、そういうこともあるので、むしろ気になるのは今入院の患者さんが増えているということ。もう1つは自宅療養中、それから宿泊療養中、さらに調整中、この辺りの方の中にもやはり入院が必要な方とか、調整中ということで様子を見ているうちに悪くなる方というのもありますので、その辺の動きを注意しないと状況が急変する可能性もあります」

こうした現状の中、東京都が普及に力を入れている「感染防止徹底宣言ステッカー」が掲示された、東京・江戸川区のフィリピンパブで従業員と客、あわせて8人の集団感染が確認された。

きっかけは7月30日、60代男性の感染が判明したことで、男性の行動を調べたところフィリピンパブに行っていたことがわかり、濃厚接触者である従業員を検査したところ、女性7人の感染が確認されたという。

ただ現在、この男性が7人に感染させたかどうかまではわかっていない。

東京都の小池知事は、このフィリピンパブについて「客の感染判明で早めに休業するなどしている」と話すとともに、「感染の拡大防止策を講じていないのにステッカーを貼っていたということではない」と説明しているが、店側の了解を得てステッカーは撤去されたという。

実はこのステッカー、東京都のウェブサイトから申請すると誰でも印刷することが可能。

業種ごとに約20項目のチェックシートを記入し、専用フォームに入力するとオンラインで取得、印刷することができる仕組み。自己申告制のため、審査などは行われないという。

このステッカーは13日午前9時時点で、約17万5,000件の申し込みがされているという。

加藤キャスター「柳澤さん、このステッカー貼ってくださいと言われた時から、大丈夫なのかな、誰でも申請できちゃってというような懸念はありましたよね?」

ジャーナリスト・柳澤秀夫氏「2週間前にこの番組に出演したときに、ちょうど同じことを言っているんですよね。これでは意味がないんじゃないかって。ステッカーを貼ってあるのは、安心のいわば保険なわけですよ。こういう状況になってしまったら誰も信用しなくなっちゃうんじゃないかな」

加藤キャスター「感染が出たときにどういう対応をするかということも示されていないわけですよね。街の皆さんはこのニュースを受けて受け止めているのでしょうか? 聞いてみました」

40代女性「シールが貼ってあるところは、そういう掃除とかが行き届いているのかなと思っていたので。どういう調査をしてシールを配ってるのかなっていうのはちょっと疑問に思いました。ステッカー、変な話見る意味ないのかなって思いますよね」

60代男性「どうしようもない部分があると思いますよね。(ウイルスを)持っている人が入っちゃえば防げないし、お店の人もわからないし、致し方ないところもありますね。(感染が)あり得るっていうことを前提で、そういうところでご飯を食べるということだと思う」

都内で感染防止ステッカーを掲示している飲食店「炭火串焼 串まる」の店長に聞くと…

炭火串焼 串まる 工藤章店長「お客さんに対してうちは(対策を)やってるっていう安心感を持ってもらいたいのはありますね。それでステッカーつけました(ステッカー申請の経緯は?)チェック項目の中でできるなっていうのは全部しましたけど、行政の方が直接チェックされてないので、いくらでも抜け道ができちゃうんじゃないかなっては感じましたね。すべてのお店がその通りにしてるのかっていうのは、ちょっと疑問に思います」

加藤キャスター「この状況ですから、どういった状況で感染するかもわからないですけれども、1つの安心材料にしたいのに、そこに何かルール体制がないと、それが意味をなすのかなというような疑問が生まれてきてしまうわけですが、二木先生はどうご覧になりますか?」

昭和大学医学部 客員教授・二木氏「自己申告で出せるところに1つ問題があるのと、小池さんもおっしゃってましたけど、利用する側の人も注意していただいて。せっかくお店が守っても、パブのようなところでは大きい声出しちゃったりしたらうつっちゃいますし。それからもう1つ難しいところは、この従業員の人たち。お店でうつったというよりも、こういうところでお勤めの方は寮みたいにして、皆さん一緒に過ごすでしょう。そういうところの管理も考えなきゃいけない。なかなかステッカーだけでは問題が解決しない」

加藤キャスター「柳澤さん、ちゃんとやっている人が損をしてしまうようなことはなくしてほしいですよね?」

ジャーナリスト・柳澤氏「小池さんも、利用する時はステッカーが貼ってあるお店を利用してください。貼ってないところは利用しないでくださいと言っていたわけですから、都が要件を満たしているかどうかチェックすることは担保しておかないとステッカーの意味が全くないと思います」

加藤キャスター「ただ、今の現状にあう不安を払しょくできるようなルールをどんどん更新していくのはどうなのかなと思ったんですよね。今はルールがなくても。ステッカーに対して」

ジャーナリスト・柳澤氏「気づいたらそこを直していけばいいんですよね。臨機応変に対応することも求められると思います」

#新型コロナウイルス

FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス

チャンネル登録をお願いします!