戦争資料館リニューアルも・・・新型コロナで来館者激減(20/08/14)

ANNnewsCH

15日で終戦から75年を迎えます。戦争を語り継ぐ東京都内の資料館が6月にリニューアルしましたが、新型コロナウイルスの影響で来館者が激減しています。

 東京・江東区の東京大空襲・戦災資料センターは空襲の時の焼夷(しょうい)弾や犠牲者の遺品を展示しています。6月には展示品を増やしたり、英語の説明をつけたりするなどの2年がかりのリニューアルが終わりました。しかし、新型コロナウイルスの影響で修学旅行などの予約がほとんどキャンセルになり、先月の来館者は前の年と比べて7%程度でした。
 東京大空襲・戦災資料センター、石田博美さん:「とにかく体験された方たちがだいぶ高齢になっているので、直接、話を伺える最後の機会だと思うので、こちらに来て頂けると」
 今は対策として2時間ごとに来館者を入れ替えています。終戦の日は毎年、語り部の女性が空襲の体験を伝えていましたが、今年は初めてオンラインで行われます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi