国内感染者1300人超え 飛行機の“前後の席”で感染

FNNプライムオンライン

14日、全国で新型コロナウイルスに感染した人は、5日ぶりに1,300人を超え、飛行機内で、前後の席に座っていた人同士が感染した例もあった。

千葉県では、新たに51人の感染が確認され、このうち40代の男性は、3日に、新千歳空港発成田空港着の飛行機に搭乗し、その後、前に座っていた20代の男性警察官の感染が確認されたことから、濃厚接触者として検査を受け、感染が判明した。

飛行時間は、およそ1時間40分で、2人に面識はなく、会話もしていなかった。

また、神奈川県では117人の感染が判明し、2つの病院でクラスターの発生が確認された。

そのほか、東京都で389人、大阪府で192人など、全国では14日、1,360人の感染が判明し、死者は8人だった。

8月に入り死者は72人で、すでに7月のおよそ2倍の数となっている。

また、重症者の数は、全国で緊急事態宣言が解除された5月25日には165人で、その後、減少を続け、7月10日には31人だったが、8月に入ってから急増し、14日は211人となっていて、今後も死者の増加が懸念される。

(2020/08/15)

FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス

チャンネル登録をお願いします!