終戦から75年 全国戦没者追悼式 首相「戦争の惨禍を二度と繰り返さない」

FNNプライムオンライン

75回目の終戦の日を迎えた15日、戦没者を慰霊する全国戦没者追悼式が、東京・千代田区の日本武道館で行われた。

天皇陛下は、「本日、『戦没者を追悼し平和を祈念する日』に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。ここに、戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ、過去を顧み、深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願い、戦陣に散り、戦禍に倒れた人々に対し、全国民とともに、心から追悼の意を表し、世界の平和とわが国の一層の発展を祈ります」とおことばを述べられた。

また安倍首相は、「戦後75年、わが国は一貫して、平和を重んじる国として、歩みを進めてまいりました。世界をよりよい場とするため、力の限りを尽くしてまいりました。戦争の惨禍を、二度と繰り返さない、この決然たる誓いを、これからも貫いてまいります。わが国は、積極的平和主義の旗の下、国際社会と手を携えながら、世界が直面しているさまざまな課題の解決に、これまで以上に役割を果たす決意です。現下の新型コロナウイルス感染症を乗り越え、今を生きる世代、明日を生きる世代のために、この国の未来を切り開いてまいります」と述べた。

(2020/08/15)
#終戦の日 #安倍首相
FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス

チャンネル登録をお願いします!