「終戦の日」全国戦没者追悼式 深い悲しみ…天皇陛下おことば

FNNプライムオンライン

75回目の終戦の日を迎えた15日、天皇皇后両陛下ご臨席のもと、全国戦没者追悼式が行われた。

全国戦没者追悼式は、天皇皇后両陛下のご臨席のもと、安倍首相、遺族らが参列し、先の大戦の戦没者およそ310万人を悼んだ。

正午の時報に合わせ、黙とうがささげられたあと、天皇陛下がおことばを述べられた。

天皇陛下「先の大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々と、その遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします」

また、おことばの中で陛下は、新型コロナウイルスについても触れられた。

天皇陛下「私たちは今、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、新たな苦難に直面していますが、私たち皆が手を共に携えて、この困難な状況を乗り越え、今後とも、人々の幸せと平和を希求し続けていくことを心から願います」

2020年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参列した遺族は200人ほどと大幅に減少し、参列者全体でも540人と過去最少となった。

(2020/08/15)

FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス

チャンネル登録をお願いします!