モーリシャス沖・重油流出 現地に専門家ら派遣へ

FNNプライムオンライン

インド洋・モーリシャス沖で貨物船が座礁し、重油が漏れ出した事故について、小泉環境相は、専門家らの派遣を調整していることを明らかにした。

小泉環境相は、「今回の事故は、生物多様性の損失につながる重大な危機と受け止めています」と述べ、漏れ出した油による生態系への影響などを把握し、支援などを行うために、専門家や環境省の職員を現地に派遣する方向で調整していると明らかにした。

小泉環境相は、「環境省として、事態への対処を全力でサポートしていきたい」と強調した。

(2020/08/16)
#小泉大臣
FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス

チャンネル登録をお願いします!