GDP“戦後最大”の落ち込み 4月-6月期27.8%減(20/08/17)

ANNnewsCH

内閣府が17日に発表した4月から6月のGDP(国内総生産)の成長率は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で年率換算でマイナス27.8%と、戦後最大の落ち込みとなりました。

 4月から6月にかけてのGDPは、物価の変動を除いた実質でマイナス7.8%、年率に換算するとマイナス27.8%となり、リーマンショックの時を超えて戦後最大の落ち込みとなりました。緊急事態宣言による外出の自粛などで、GDPの半分以上を占める個人消費が落ち込み、外食や旅行などのサービス業が大きな打撃を受けたほか、欧米向けの自動車の輸出が急減したことで、マイナス幅が拡大したからです。政府は6月以降、景気は持ち直し始めたとしていますが、専門家はこう指摘します。
 三菱UFJリサーチ&コンサルティング・小林真一郎主席研究員:「感染者の拡大が続くと、もう一度自粛の動きを強める、もしくは経済活動そのものを少し抑制しようという可能性も、景気が2番底をつけにいく可能性も否定できない」
 感染の拡大を食い止め、消費の回復につなげられるかが今後の景気を左右しそうです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi