中国当局“尖閣”で漁禁止 3カ月半ぶり漁解禁も…

FNNプライムオンライン

中国は16日、沖縄県の尖閣諸島を含む海域での漁を解禁した。

その一方で、当局は尖閣周辺での操業を禁止していた。

中国政府は16日、3カ月半ぶりに東シナ海周辺での漁を解禁した。

この海域には、日本の尖閣諸島も含まれ、中国船の領海侵入が相次いでいるため、日本政府は警戒を強めている。

2018年まで尖閣周辺で漁をしていたという漁師は最近、地元政府から敏感な海域では操業をしないよう、SNSなどで指示があったという。

漁師「(尖閣諸島には)行けない。政治問題なんだろ。(尖閣諸島周辺に)行った年は、(政府から)行けと言われた」

漁師たちは、尖閣周辺に行くかどうかは政府次第だと話していて、今後、中国政府が日本との関係悪化を避けるため、規制を強化するかが焦点となる。

(2020/08/17)
#尖閣諸島
FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス

チャンネル登録をお願いします!