天皇ご一家 夏の静養見送りへ

FNNプライムオンライン

天皇皇后両陛下は、新型コロナウイルスの感染拡大が続く状況を考慮し、この夏の静養を控えられることがわかった。

関係者によると、両陛下は例年8月下旬に、長女の愛子さまとともに、栃木県の那須御用邸に滞在しているが、感染拡大が続く中、移動にともない人が集まり、密な状況になることを避けるため、2020年は静養を控えられるという。

両陛下は感染拡大に深く心を痛め、現場で対応にあたる専門家などから説明を受け、愛子さまもオンラインで大学の授業を受講し、外出を控えられる日々が続いている。

上皇ご夫妻も、この夏の静養を取りやめられている。

(2020/08/18)
#皇室
FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス

チャンネル登録をお願いします!