藤井棋聖 2冠への大一番 「今まで通り気負わずに」

FNNプライムオンライン

いよいよ19日から始まる大一番が、藤井聡太棋聖(18)にとって2つ目のタイトルをかけた王位戦第4局。

18日午後、決戦の地となる福岡市内で会見が開かれた。

藤井棋聖「ここまでは良い結果でこれているのかなというふうに思うので、第4局も今まで通り気負わずに臨めればなというふうに思っています」

藤井棋聖が開幕から3連勝を飾った今回の七番勝負。

藤井棋聖があと1勝を挙げれば、羽生善治九段の最年少2冠記録と加藤一二三九段の最年少八段昇進の2つの大記録を同時に更新することになる。

対する木村一基王位(47)は、過去のタイトル戦で2回ある、3連敗からの4連勝での大逆転に望みをつなげたいところ。

会見に先立ち行われた、会場の下見「検分」では、対局場の雰囲気や明るさなどを入念にチェックした。

大一番の会場は、福岡市にある大濠公園能楽堂。

日本伝統文化である能を中心に、幅広いジャンルの公演が開かれる施設。

普段は舞台として使われる場所に畳を敷き詰め、対局室を設置。

準備に抜かりはない。

その福岡市では…。

将棋教室「QTnet将棋センター」では、藤井棋聖が誕生したあと、会員数がおよそ20人増えたという。

小学2年生の男の子「藤井棋聖、2冠目指して頑張ってください」

小学1年生の男の子「(藤井棋聖に)勝ってほしい」

そんな心強い応援を背に挑む今回の対局。

藤井棋聖「自分なりに精いっぱい、そして見ていただいている方に何か感じてもらえるような将棋を指せたらいいなというふうに思っています」

19日から始まる大一番に向け、意気込みを語った藤井棋聖。

実は、決戦の舞台となる大濠公園能楽堂は、今回の対戦相手である木村王位が2019年、46歳での初タイトル獲得に向け、勝って勢いをつけた、いわば“縁起の良い場所”。

藤井棋聖「先ほど検分の方で対局場を拝見したんですけど、能舞台ということで、厳かな雰囲気で身の引き締まる思いがしました」

さらに、忘れてはならないのが勝負メシ。

18日の時点でメニューは明らかにされていないが、料理を担当するホテルは、特別なメニュー5つを用意しているという。

大記録がかかった大一番。
注目の対局開始は19日の午前9時。

(2020/08/18)
#王位戦
FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス

チャンネル登録をお願いします!