GU 化粧品ブランドを発表 トータルファッションを提案

FNNプライムオンライン

ファストファッションの人気ブランドが化粧品事業に参入。
その勝算に迫った。

GUが18日に発表したのは、化粧品ブランド「#4me by GU」。

口紅やグロスにアイシャドー、目元やほほに使えるマルチパレットなど、4種類を9月4日から大型店舗やオンラインストアで販売する。

2020年流行の少しくすんだ色みでトレンドを取り入れたマルチパレットは、1,490円。

グレーを基調にした、シンプルなパッケージの口紅とアイシャドーは590円。

グロスは790円と、低価格のプチプラで展開する。

新型コロナの影響で、マスクの着用が日常化したことで、口紅の消費が6割以上落ち込んだことや、訪日客の減少が影響したことなどから、化粧品業界は厳しい状況が続いている。

こうした中、アパレルブランドのGUが化粧品に参入する狙いは…。

GU グローバル商品本部VCP部門・土上洋佑チームリーダー「客から低価格で安心安全で使えるコスメが求められているのではないかと。服とあわせやすい、なじむコスメを今回提案しようと」

「低価格でも悪目立ちしないコスメが欲しい」、「マスクで唇の乾燥が気になる」といった客からの要望を聞き、コスメの初心者でも失敗しない、あらゆる人が使いやすい商品を目指したという。

また、コロナの影響で、安全性へのニーズが高まったことから、メード・イン・ジャパンにこだわり、日本由来の植物性天然保湿成分を配合。

安全性や使い心地の良さをアピールしている。

客「GUの服にあわせて、リップも選べる。すごくいい」

客「カラーバリエーションも豊富なので、結構買っちゃう。服にあわせて」

GUは、肌への負担が少なく、マスクをしていても落ちにくい口紅などを洋服とあわせて、低価格で提供することで、新たな顧客を獲得し、コスメ事業を収益の第2の柱にしたい考え。

GU グローバル商品本部VCP部門 土上洋佑チームリーダー「このアイテムであれば、売れるという確信を持って展開を決めている。コスメをしっかり伸ばして、GUの柱にしていきたいという思いはあるし、トータルファッションを提供できるのはアパレルブランドであるGUだからこそできること。コスメとファッションをしっかり融合させて提供していきたい」

コロナによって、ファッションやコスメのニーズが変化したことで、新たなチャンスは生まれるのだろうか。

(2020/08/19)

FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス

チャンネル登録をお願いします!