安倍首相 くすぶる体調不安説も公務復帰 与党は“火消し”

FNNプライムオンライン

安倍首相は、3日間の夏休みを終え、19日午後から公務に復帰する予定。

くすぶり続ける体調不安説を、安倍首相自身が払しょくできるかが焦点。

安倍首相の体調をめぐっては17日、慶応大学病院におよそ7時間半滞在し検診を受けたことから、政府内や与野党から、体調を不安視する声が広がっている。

無所属・小川淳也衆院議員「(安倍首相について)単純な検査だという報道もありますが、かたや健康不安を抱えておられるという話もあるようです」

加藤厚労相「日頃感じている中においては、わたしはこれまでと、お変わりはないと認識しています」

安倍首相の体調について、菅官房長官は18日、「尾ひれがついている」、「夏休みの一環として追加検査に行った」と説明し、政府高官も「体調に問題はない」と強調している。

ただ、「検査だけでなく治療も受けた」と話す政権幹部もいて、午後から公務に復帰する安倍首相の今後の動静が注目される。

(2020/08/19)

FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス

チャンネル登録をお願いします!