各地で命に関わる危険な暑さ 対策グッズ“過信は禁物”

FNNプライムオンライン

19日も西日本を中心に40度に迫る危険な暑さとなった。

いまや外出時の必需品となった暑さ対策グッズだが、過信は禁物。

19日、全国で一番の暑さとなったのは、宮崎・えびの市と大分・豊後大野市。

最高気温38.7度をそれぞれ観測した。

そして、大分・日田市では38.6度を観測。

これには、小さな子どももぐったり。

7月に豪雨被害に見舞われたばかりの日田市を襲った酷暑。

日田市の女性「災害が終わったらこの暑さでしょ。それを耐えていかなくては仕方ない。頑張ります」

西日本を中心に猛烈な暑さとなった19日。
全国197地点で猛暑日となった。

37.3度を観測し、7日間連続で猛暑日となった熊本市。

冷たい湧き水でできた湖では、子どもたちが水遊びに夢中になっていた。

一方、最高気温34.2度の真夏日となった東京都心。

かき氷が人気のカフェには、行列ができるほど多くの客が詰めかけ、店が用意した日傘で暑さしのぎ。

お目当ては、季節のフルーツをふんだんに使った、まるでケーキのようなかき氷。

ふわっととろける新食感が楽しめる。

訪れた客「おいしいです。普通のよく売っているかき氷より、ふわふわしている」

厳しい暑さが続く特別な夏。

東京では、19日午後3時までの速報値で、61人が熱中症の疑いで搬送されている。

そんな猛暑の列島で、最近よく見かけるのが携帯扇風機。

“携帯扇風機”を使用する人「汗とかあんまりかかなくなるので。結構必需品です、わたしは」、「メイクとかも落ちないので」

そして、もう1つ、ひんやりとした感覚が得られるという夏用マスク。

“夏用マスク”を使用する人「清涼感のあるマスクだったり、除菌効果もあるやつをかけるように」、「普通のマスクよりも涼しい」

これら、コロナの夏のひんやりグッズ。
実際どれくらい涼しく感じるのか。

サーモカメラで、夏用マスクを着け携帯型の扇風機をあてた場合と普通のマスクだけの場合を比較すると、携帯扇風機の風が当たっている部分の顔の周りの表面温度がより低いことがわかる。

しかし専門家は、ひんやりグッズの過信は禁物だと指摘する。

ナビタスクリニック新宿・濱木珠恵院長「ひんやりグッズは、涼しい気分にはなるが、体内の温度を下げるわけではなく、熱中症の予防には直結しない」

暑さなどによって体の内部に熱がこもることで起きる熱中症。

専門家によると、携帯扇風機を使った場合、顔の辺りは涼しいと感じてしまうため、水分補給などをするタイミングが遅れるおそれがあるという。

ひんやりグッズを使用する女性「(水分補給は)ちょっと減るかも、涼しいから」

では、どのような点に気を配ればよいのか。

ナビタスクリニック新宿・濱木院長「首とか脇の下を触ると、脈をとれる場所がある。そういう場所を冷やしていただくのが、一番効果的ではあります」

(2020/08/19)
#猛暑日

FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス

チャンネル登録をお願いします!