都の重症者 国の基準ならプラス約10人 国と都で異なる定義

FNNプライムオンライン

東京都の重症者数は32人と発表されているが、国の定義にあてはめると、さらに10人前後増えることがわかった。

国は、重症者と判断する基準について、ICU(集中治療室)での治療、人工呼吸器、人工肺(ECMO)の3つのいずれかに該当した場合だとしている。

しかし、東京都など複数の自治体では、ECMOなどを使っていないICUの患者については、重症者として集計していなかった。

都は、重症者数を32人と発表しているが、国の基準だと10人前後増えることを明らかにしたうえで、今後は、国の基準に合わせて報告するとしている。

その一方で、都は、これまでの算出方法の方が、より重症者数を正確に把握できるとし、今後は、2つの異なる重症者数を発表するとしている。

(2020/08/20)
#新型コロナウイルス
FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス

チャンネル登録をお願いします!