北朝鮮 2021年1月に党大会 コロナ苦境認める

FNNプライムオンライン

北朝鮮メディアは、2021年1月に、最高指導機関、朝鮮労働党の党大会をおよそ5年ぶりに開催すると報じた。

労働新聞によると、19日に開かれた党中央委員会総会で金正恩(キム・ジョンウン)委員長は、2021年1月に党大会を招集し、「新たな経済発展5カ年計画を発表する」と表明した。

総会で採択された決定書では、「過酷な内外情勢が続き、予想外の挑戦が重なった。経済事業を改善できず、成長目標が未達成だ」と指摘、経済制裁や新型コロナウイルスによる苦境を認めている。

党大会では、経済立て直し戦略のほか、11月のアメリカ大統領選挙をふまえ、新たな非核化戦略を打ち出す可能性もある。

(2020/08/20)
#金正恩
FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス

チャンネル登録をお願いします!