金正恩氏 妹・与正氏に権限委譲の動き 韓国情報機関が分析

FNNプライムオンライン

韓国の情報機関も「妹・与正(ヨジョン)氏への権限委譲の動き」と分析。

韓国の国家情報院は、国会で開かれた委員会で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長について、「依然として絶対的な権力を持っている」としたうえで、「妹の与正氏や一部の幹部に経済や軍事などの分野で、少しずつ権限が移されている」と明らかにした。

中でも、米韓に対する政策などは、与正氏が全般的に引き受けていると分析している。

韓国がこうした動向を公式に明らかにするのは初めてで、背景に「金委員長のストレスの軽減」と「政策が失敗した際の責任逃れの道の確保」があるとの見方を示している。

(2020/08/21)

FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス

チャンネル登録をお願いします!