熱中症対策 カギは血管 猛暑列島 命を守る“新常識”

FNNプライムオンライン

各地で危険な暑さが続く中、今、新たな熱中症対策が注目されている。
その鍵は血管にあった。

立ち上るかげろう。20日も列島はうだるような暑さに包まれた。

最高気温が38.6度となった京都市。

鴨川では、涼を求める人たちの姿があった。

男の子「水につけたら気持ちいい。楽しい」

最も暑かったのは、滋賀・東近江市。

40度に迫る最高気温39.2度となった。

また、最高気温33.7度を観測した鹿児島・奄美市名瀬では、連日の猛暑で川が干上がってしまった。

その干上がった川のわずかな水たまりには、ウナギが身を寄せ合う姿があった。

この暑さは、東北の各地も例外ではない。

福島・伊達市でも38.2度を観測。

女性「ちょっと汗がやばいです」

20日、全国で最高気温35度以上の猛暑日となったのは263地点。

東京も猛暑日一歩手前の34.8度まで気温が上昇し、東京消防庁管内では、午後3時までに81人が熱中症とみられる症状で搬送された。

危険な暑さが続く中、大切になってくるのが熱中症の対策。

男性「熱中症になりやすくて、水分も結構取らないといけない」

そんな中、新たな熱中症対策が注目されている。

神戸女子大学 家政学部・平田耕造教授「熱中症対策として、手のひらを冷却していただくのもとても効果的だと思います」

なぜ「手のひら」なのか。
理由は特殊な血管だという。

神戸女子大学 家政学部・平田教授「手のひらや足の裏には、AVA血管というものがあります。AVA血管を積極的に冷却するのも効果的な方法です」

手のひらにある動脈と静脈をつなぐ「AVA血管」。
太さは毛細血管の10倍にもなる。

そのため、この結果を冷却することで大量の血液が冷やされ、体温の上昇が抑えられるという。

この効果に目をつけたのが、スポーツメーカー大手のデサント。

手のひらを冷却するグローブ「コアクーラー」(両手用 税込み3,960円)を開発した。(※在庫僅少のため在庫がない場合あり)

その効果はどれほどのものなのか、検証することに。

まずは、手に何もつけず一定時間歩く。

次に、このグローブをつけて同じ時間を歩く。

はたして違いはあるのか。

小澤陽子キャスター「ちょっと違います。すごい! 日差しが強いので暑いは暑いのですが、さっきのような体全体のほてりが軽減されている気がします」

歩いたあとの表面温度をサーモカメラで見てみると、グローブで手のひらを冷却した時は、手から腕だけでなく、額や鼻の部分も温度が下がっていることがわかる。

この手袋に使われているのは、シャープが独自開発した蓄冷材。

快適と感じる12度をキープするという。

デサントジャパン エキップメントMD課・井上大輔課長「冷たすぎると血管が収縮しすぎてしまうので、効率的に血流が流れていかない。ですので、12度前後というこの温度が非常に良い。われわれがサポートしているアスリートにも使ってもらっています」

しかし、街ゆく人からはこんな疑問の声も…

女性「冷たくなるタオルを首に巻くとか知っているけど、初めて聞きますね」

アメリカのスタンフォード大学の研究では、首や脇よりも手や足などを冷やした方が、効率的に体温が下がるという結果も出ている。

では、日常生活の中で手のひらを適温に冷やすには、どうしたらいいのか。

神戸女子大学 家政学部・平田教授「手近にあります冷えたペットボトルを握って、外出していただくのも1つの方法だと思います」

(2020/08/20)

FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス

チャンネル登録をお願いします!