KDDI セルフ機種変の携帯ショップ 店での滞在時間短縮へ

FNNプライムオンライン

次世代型携帯ショップ、機種変更にセルフを導入。

神奈川・横浜にあるauの店舗「auみなとみらい」。

がらんとした店内のテーブルの上にあるのは番号札とタブレットだけで、店員らしき人は見当たらない。

店員が客と書面などを使い一対一で接客するこれまでの店舗とはずいぶん様子が違う。

この店舗は、タブレットだけが並んでいて、携帯大手で初めてセルフサービスで機種変更をすることができる。

事前に機種や料金プランなどをあらかじめオンラインで手続きしたうえで、店舗では残りの手続きをする。

携帯端末を受け取るまでは店員と接することなく手続きができ、最短20分程度にまで短縮できるとしている。

携帯大手3社では、機種変更について、オンラインの積極的な活用を呼びかけているが、利用者はわずかで、客のおよそ7割は店舗での対応を希望しているという。

KDDI コンシューマ営業統括本部・太田昌章さん「お客様としては、店頭に行きたいが長時間の接客を受けるのが煩わしい、行きたくないと。混雑も一部店舗で大きな問題になっていたので、そこをなんとか改善できないかと」

KDDIは、新型コロナの影響で、端末の販売台数が2019年と比べ45万台減少。

KDDI コンシューマ営業統括本部・太田さん「短時間であれば、1回寄ってみようという軽い気持ちで立ち寄ることも可能だと思うので、そういったところも、挽回の一策になるのでは」

セルフでの機種変更で接客時間を短縮することで、客や従業員の感染リスクを減らすとともに、販売台数の回復にもつなげたい考え。

(2020/08/20)
#奥山未季子

FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス

チャンネル登録をお願いします!