猛暑の夏「日傘男子」増加中 恥ずかしくても…効果バツグン!

FNNプライムオンライン

まだまだ暑い日が続いているが、日傘を手放せない人も多いのではないだろうか。

今、男性でも日傘を差す人が増えているという。

このところ、街中で見かけるようになった、日傘を差す男性。

ここ最近の“危険な暑さ”もあって、今、“日傘男子”が増えてきている。

東京・自由が丘にある傘専門店「Waterfront JIYUGAOKA/TOKYO」では、男性の日傘需要に応え、専用の売り場を設置。

傘ソムリエ・土屋博勇喜さん「昨年に比べると、男性の日傘ニーズは、だんだん増えている。日傘の売れ行きが、このショップで約8割。その4割ぐらいは男性日傘」

こちらの店舗では、2年前まで、ほとんど売れていなかったという男性用日傘だが、2019年は、日傘全体の売り上げの2割に。

2020年、さらに売り上げは増え、全体の4割になったという。

この日、店を訪れていた“日傘男子”歴2年の男性(60代)は、「便利だなと思いました。暑いときは日傘があったほうが楽」、「雨が降っても使える。これをいただけますか」などと話し、2本目の日傘を購入。

店を出ると、買ったばかりの日傘を差し、颯爽と帰っていった。

この“日傘男子”に、長崎県のハウステンボスも注目している。

ハウステンボスでは、熱中症予防や日傘でソーシャルディスタンスを保とうと、日傘男子普及キャンペーンを実施中。

男性が日傘を使っている写真をSNSに投稿すると、ハウステンボスの宿泊券や1DAYパスポートなどが当たるキャンペーン。

猛暑で増殖する、“日傘男子”。
街では、どのくらいの男性が日傘を差しているのか見たところ、渋谷のスクランブル交差点では、30分の間に、10人の“日傘男子”を発見。

日傘男子歴2年(50代)「コロナのご時世でもあるし、熱中症もあるので、自衛で(差している)」

日傘男子歴1週間(20代)「頭がすごく熱くならなくていい」

はたして、その効果はいかに。

東京で最高気温34.8度となった20日、日傘ありとなしではどのくらい違うのか、サーモグラフィーで見てみると、その違いは歴然。

体の上半身を中心に、その差は、およそ15度もあることがわかった。

差せばわかる、差さねばわからぬ、日傘のありがたみ。

「まだ、浸透してないというか、まだ、恥ずかしさがあるというか」と話す日傘未体験の男性に、日傘の効果を体験してもらったところ「思ったより全然変わる。いいかもしれない」といった反応が。

「女性のイメージが強いので、男性が差すのは(抵抗がある)」と話した男性からも、「結構涼しい。検討します」といった声が聞かれた。

(2020/08/20)

FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス

チャンネル登録をお願いします!