スカイツリー隠れた魅力発信 オンラインツアーに150組参加

FNNプライムオンライン

ウィズコロナの夏休み。

「東京スカイツリー」は、隠れた魅力を伝えるため、初めてのオンラインツアーを開催した。

普段はあまり見ることができない裏側に、参加者は興味津々だった。

明るい笑顔を見せる女性2人。
2人とも東京スカイツリーの現役社員。

東京スカイツリーの隠れた魅力を社員が伝えるオンラインツアーが22日、初めて催され、およそ150組の視聴者が参加した。

東京スカイツリーの隠れた魅力。

1つ目は、2020年にリニューアルされたライティング。

電波塔事業本部・工藤裕之さん「スカイツリーのライティングをアピールしようと、ことし2月27日に新ライティングが完成したんですが、カラフルに明るくなりました」

オンラインツアーでは、日ごろ見られない展望台の外にあるLEDライトを紹介。

青をベースにした「粋」、紫がベースの「雅」、オレンジをベースとした「幟(のぼり)」の3種類が、日替わりでライティングされている。

さらに、技術者の細部にまでこだわった演出が魅力の「特別ライティング」も、期間限定で公開している。

隠れた魅力、2つ目は雷の観測。

東京スカイツリーに雷が落ちた瞬間。

実は、年間の落雷がおよそ10回にも及ぶ、雷が落ちやすい場所。

これを生かして、雷の定点観測が行われ、世界的にも注目されている。

さらに、オンラインツアーでは、「ロゴスキーコイル」という赤いチューブの中に、銅線のコイルが巻かれた装置を紹介。

電波塔事業本部・鈴木康之さん「ロゴスキーコイルといって、鉄骨に流れる電流を測定する装置」

落雷すると、電流がこの巨大コイルを伝わり、電流の大きさなどを測定するという。

電波塔事業本部・鈴木さん「建物をどうやって雷から守るかを考えるうえで、非常に役に立っているそう」

さらに、温室効果ガスや風の観測など、東京スカイツリーでは、さまざまな観測が行われている。

隠れた魅力、3つ目は、東京スカイツリーのマスコット「ソラカラちゃん」。

営業企画部・箱石結衣子さん「スカイツリーの展望台には、“隠れソラカラちゃん”がいるんです」

展望デッキ内の肘掛けカウンターの模様が、実はソラカラちゃんのシルエット。

4階の案内サインにも、ちょこんと座っている。

展望台からは、富士山の絶景や、時間の経過とともにさまざまに変化する景色は、インスタ映えのスポットに。

営業本部・早野拓海さん「普段知られていないことを知っていただける機会になった。(参加者が)夏休み最後にいい思い出を作っていただけたと思うので、素直にうれしい」

東京スカイツリーの隠れた魅力。

さらに、今後もオンラインツアーで紹介していくという。

(2020/08/23)
#新型コロナウイルス
FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス

チャンネル登録をお願いします!