河野防衛相「女系天皇容認の議論を」発言全容 男系リスクも「旧宮家復帰と合わせ検討を」半沢直樹にも言及

FNNプライムオンライン

河野太郎防衛相は25日の記者会見で、皇位継承に関して、女性宮家の創設や女系天皇の容認なども含め、国民的な議論が必要だとの認識を示した。女系天皇に慎重な姿勢を示す安倍政権との違いを打ち出した形だ。

会見で河野大臣は23日夜の自身のネット配信番で語った女系天皇に関する認識を記者から問われ、「我が国の皇室は、過去ずっと男系で継承されてきており、男系による皇位継承が続くのが一番望ましいと考えている。ただ現状は、天皇陛下、秋篠宮殿下、そして悠仁親王殿下、次の世代というのは、もう悠仁さましかいないという状況で、現皇室で男系を維持していくのは、かなりのリスクがあると言わざるをえない」と指摘、「例えば皇室の内親王殿下や女王殿下が女性宮家として皇室に残り、お子様が皇位継承するやり方もある」と述べた。

一方で河野大臣は、「GHQによって皇籍離脱することになった旧宮家の男子が宮家を復活させるのか養子に入るのか、という二つぐらいの選択肢を考える必要がある」とも述べた。その上で、女性宮家の創設・女系天皇容認と共に、旧宮家の皇籍復帰案も含めた形で、「万が一の時にどうするのかということは、やはりしっかり議論していかなければいけない」として、国民的な議論が必要だとの認識を示した。

河野大臣は23日夜の自身のネット配信番組「河野太郎と語ろう」で、視聴者の質問に答える形で同様の主張をしていたが、
25日の会見でそのことを聞かれると、「(ネット番組と同時間帯に放送された)『半沢直樹』の視聴率が1.2%減ったそうで(笑)」と、自身のネット番組が影響を与えたとのジョークで笑いを誘う場面もあった。

(2020/08/25)

#河野太郎

FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス

チャンネル登録をお願いします!