遺骨は旧日本軍兵士 DNA鑑定だけで初の身元確認(2020年8月26日)

ANNnewsCH

太平洋戦争の激戦地・タラワ環礁で見つかった遺骨が旧日本軍兵士の男性と確認されたことが分かりました。遺品がないなか、DNA鑑定だけで身元が確認されたのは今回が初めてです。

 太平洋中部のタラワ環礁では旧日本軍の約4200人とアメリカ軍約1000人が死亡しました。厚生労働省は去年、アメリカ政府からタラワ環礁で収集したアジア人とみられる遺骨のサンプル162点を提供されていました。厚労省によりますと、日本人の遺族のDNAとの照合を進めた結果、1人の身元が確認されました。遺骨はハワイで保管されていて今後、日本に運ばれる予定です。厚労省はこれまで原則として遺品などがある場合にDNA鑑定をしてきましたが、遺品がない遺骨で身元が確認されたのは今回が初めてです。厚労省は沖縄でも遺品がない遺骨のDNA鑑定を進めていて、今後、硫黄島の遺骨でも進めていくとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi