“夏バテ防止”多国籍グルメ 世界各地の“定番”知恵メニュー

FNNプライムオンライン

東京・新大久保では、各国ならではの夏バテ対策グルメが堪能できます。

石本沙織キャスターが“世界旅行”に行ってきました。

韓国グルメでおなじみとなったJR山手線、新大久保駅周辺。

ここ数年で、“多国籍グルメタウン”へと進化している。

今回は、世界各国の夏の定番グルメを紹介。

夏バテ対策に食欲増進、栄養満点など、それぞれの国ならではの知恵が詰まっていた。

案内してくれるのは、新大久保に通うこと10年、ライターの吉村剛史さん。

新大久保にくわしいライター・吉村剛史さん「この通りは、一番街とも呼ばれていて、アジア各国のいろいろな料理のお店があるんです」

やって来たのは、「アジア屋台村」。

タイ、ベトナム、シンガポール、マレーシアなどアジア8カ国、150種類以上のメニューが楽しめる。

今、女性たちの人気観光地となっているベトナム。

夏は、日本と同じように湿気が多く、蒸し暑いという北部のハノイの定番メニューを注文。

店員(ベトナム出身)「チャー(揚げた)・カー(お魚)・ラボンです。夏の有名な料理です。ビーフン、お魚、豆腐をミックスします。すごいヘルシーです」

夏を乗り切るベトナムグルメの知恵。

それは、ビーフン、揚げ魚、野菜をさっぱりとした甘辛ダレにつけて食べる、食欲増進の栄養満点メニュー。

そして、ヒマラヤ山脈で知られるネパール出身のオーナーが夏にオススメだというのが、ネパールの蒸しギョーザ「MOMO」。

ミンチ肉にショウガ、タマネギ、チリパウダーが入ったピリ辛なあん。

決め手は、ニンニクのスパイスがきいた特製ソース。

夏を乗り切るネパールグルメの知恵は、スパイシーで食欲増進だった。

続いては、ほほ笑みの国、タイのメニュー。

本場のタイ料理が味わえる「ルンルアン お菓子処」。

タイで夏によく食べられるメニューだと持ってきてくれたのが、「タイかき氷」。

オーナー(タイ出身)「(何が入っているんですか?)ココナツ入ってます。(大きいこれは?)パンです、パン入ってま~す」

かき氷に入っているのは、ココナツミルク、ヤシの実のシロップ漬け、仙草ゼリー、そしてパン。

日本以上の暑さが1年中続くタイでは、具だくさんかき氷が大人気。 

酷暑を乗り切るタイグルメの知恵、それは、パンやフルーツなど糖質たっぷりのトッピング。

続いてやって来たのは、新大久保駅の北側、イスラム横丁。

その中心にあるのが、主にインド産の食品を販売する「グリーンナスコ」。

暑い季節は、40度を超える日もあるというインド。

オーナーに、夏の定番食材を聞いてみた。

オーナー(インド出身)「豆、豆、これ! 暑いとき、こればっかり食べる。暑いときしか売れない」

さらに…。

オーナー(インド出身)「暑いときはラム肉。(夏でもお肉は大事?)毎日食べる」

夏を乗り切るインド人の知恵は、豆や肉のタンパク質を毎日取って、体力を養う。

オーナー(インド出身)「だから、こんな年でも若く見られる。62歳だよ」

(2020/08/26)
#新大久保 #インド
FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス

チャンネル登録をお願いします!