日本海側で“危険な暑さ” まだ暑さ続く

FNNプライムオンライン

8月終盤だが、この暑さは続くとみられる。

27日も、フェーン現象などの影響で、日本海側を中心に危険な暑さが予想され、熱中症に厳重な警戒が必要。

午前11時までの最高気温は、新潟・胎内市で36.6度、兵庫・豊岡市で35.9度など、すでに猛暑日となっているところがある。

街では、「外には本当に出られないくらい暑い」、「暑い…」、「これ以上上がったらぶっ倒れますわ。早く涼しくなってほしい」などといった声が聞かれた。

午後は一段と暑さが厳しく、予想最高気温は、兵庫・豊岡市や鳥取・米子市などで37度となっている。

さらに、9月にかけても、まだ全国的に気温の高い状態が続く見込みで、熱中症にしばらく注意が必要となる。

一方、スカイツリーの情報カメラから神奈川県方面を撮影した映像では、上空に雨雲があり、雨柱がまるでカーテンのようにくっきりと確認できる。

台風周辺の湿った空気の影響で、大気の状態が不安定になり、このように局地的に激しい雨が関東から西の太平洋側で予想されている。

28日午前6時までに予想される雨量は、多いところで九州北部で150mm、九州南部や沖縄で120mmなどとなっている。

道路の冠水や土砂災害などに十分な注意が必要。

(2020/08/27)
#熱中症 #猛暑 #フェーン現象
FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス

チャンネル登録をお願いします!