東京23区の時短要請9月15日まで延長へ 小池知事会見

FNNプライムオンライン

東京都は、新型コロナウイルスの感染を防止するため、都内の酒を提供する飲食店やカラオケ店に要請している営業時間の短縮について、23区内に限って、要請を9月15日まで延長する方針を固めたことがわかった。小池知事が会見で説明する。

東京都は、酒を提供する飲食店とカラオケ店に対し、8月31日まで営業時間を午後10時までに短縮するよう要請していて、応じた中小事業者には協力金20万円を支給する。

関係者によると、都内の感染者数は減少傾向だが、依然高い水準で推移しているため、現在の営業時間の短縮要請を23区内の店舗に限って9月15日まで延長し、全面的に応じた事業者には、追加の協力金15万円を支給する方針を固めた。

一方で、23区以外は8月31日で要請を終了する考え。

関連記事

“時短”要請 9月15日まで延長へ 東京都23区内

※ストリーミング配信のため、実際の時刻より数十秒の遅延が生じます。

#新型コロナウイルス
#小池都知事

FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス

チャンネル登録をお願いします!