中国軍 南シナ海に弾道ミサイル発射 偵察飛行の米をけん制か

FNNプライムオンライン

中国軍が南シナ海に向けて複数の中距離弾道ミサイルを発射。
対立するアメリカをけん制する狙い。

アメリカ軍高官によると、中国軍は26日、中国本土から中距離弾道ミサイル4発を発射し、南シナ海のパラセル諸島と海南島の間の海域に着弾した。

香港メディアは、発射されたのは2発で、うち1発はグアムが射程に入ることから「グアムキラー」と呼ばれる「東風26B」だと伝えている。

中国としては、弾道ミサイルの発射で、南シナ海などでの偵察飛行を続けるアメリカをけん制する狙いがあるとみられる。

緊張が続く南シナ海情勢をめぐり、中国国防省は27日の会見で、「アメリカの一部の政治家は、大統領選挙の前に自らの利益のため中米関係を破壊し、軍事衝突をつくろうとたくらんでいる」と非難した。

(2020/08/28)

FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス

チャンネル登録をお願いします!