米・共和党大会最終日 「不安」「怒り」あおり再選狙う

FNNプライムオンライン

アメリカの共和党大会が最終日を迎えた。

11月の大統領選で再選を目指すトランプ大統領が、日本時間28日午前11時40分ごろから、ホワイトハウスで指名受諾演説を行っている。

会場前から藤田水美記者の中継です。

再選を狙う現職大統領が、ホワイトハウスで指名受諾演説を行うのは非常に異例で、ホワイトハウス周辺には、反トランプデモ隊が集まってきている。

そんな中で、演説が始まった。

トランプ大統領「次のアメリカ大統領候補の指名を心から受け入れる」

演説は支持者およそ2,000人を前に行われ、トランプ大統領は、支持固めに照準を絞って「中国たたき」や「暴徒化したデモの取り締まり」など、保守派の喜ぶメッセージを発信する予定。

また、民主党のバイデン候補の批判を展開するとみられる。

最後は、花火を大々的に打ち上げる演出も予定されているが、会場周辺では、反トランプデモが行われていて、支持率でも依然、バイデン候補がリードする中、トランプ大統領にとって晴れの舞台とは言いがたい状況。

「トランプ節」で、国民の不安と怒りをあおる4年前の作戦が今回、支持率挽回につながるのか、注目されている。

(2020/08/28)

#トランプ大統領 #アメリカ大統領選挙

FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス

チャンネル登録をお願いします!