持病悪化“空白”作ってはいけない・・・安倍総理が辞意(2020年8月28日)

ANNnewsCH

体調不安がささやかれていた安倍総理大臣が辞任する意向を固めたことがANNの取材で分かりました。総理官邸から報告です。

 (政治部・吉野真太郎記者報告)
 安倍総理は28日午後5時から正式に退陣表明の記者会見を行います。総理周辺によりますと、その理由として、持病が悪化するなかで政治的な空白を作ってはいけないと判断したということです。安倍総理は今、総理官邸にはいません。先ほど自民党本部を訪れ、自民党の役員と面会しました。今は国会の中で連立を組む公明党の山口代表と面会していたということです。これまで安倍総理の体調不良が報じられてから進退が取り沙汰されてきましたけれども、永田町の空気感だけでいうと、27日までは続投という見方が多かったように思います。ところが28日になって、辞任を巡る情報が飛び交うなど進むのか、退くのか五分五分という空気感になっていました。安倍総理は朝、総理官邸に入って通常の公務をこなしていましたが、閣議の後、麻生副総理と1対1で30分程度面会する場面がありました。この時に辞意を伝えていたのではないかとみられます。安倍総理が実際、いつ辞意を固めたのかということは分かっていませんが、今思えば、今週に入ってから政権の幕引きの仕方を考えていたのかなという節もあります。1次政権の退陣では放り出しということが批判されました。安倍総理はこのことを後悔の念もあって、新型コロナウイルスに関する中期的な方針だけは決めてから退陣ということで28日になったのではないかと思います。この後、総理官邸では元々予定されていた臨時閣議で新型コロナウイルス対策の予備費など、この支出を閣議決定したうえで午後5時から正式に退陣を表明する記者会見ということになります。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ANNnewsCH

Posted by chobi