安倍首相“突然の辞意”受け 株価一時600円以上急落

FNNプライムオンライン

安倍首相が辞任の意向を固めたことが伝わり、日経平均株価は、一時600円以上急落した。

28日の東京株式市場は、安倍首相の会見を夕方に控え、朝から様子見ムードが広がっていた。

午後2時ごろ、辞任の意向を固めたことが伝わると、政治情勢が不安定なものになるとの懸念から、売り注文が広がり、日経平均株価は急落して、下げ幅は一時600円を超えた。

その後、下落幅は300円台に縮まり、終値は27日に比べて、326円21銭安い、2万2,882円65銭だった。

市場関係者の間では、アベノミクスで進んできた大胆な金融緩和の今後の行方を不安視する声も聞かれる一方で、景気対策に取り組んで行く姿勢は、後任が誰になった場合でも変わらないとの見方から、下落は一時的なものにとどまるとみる関係者もいて、神経質な取引が今後も続くとみられる。

(2020/08/28)

#安倍晋三

FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス

チャンネル登録をお願いします!